社員研修は仕事の都合などにより、集中して受けることは少ないでしょう。しかし、それでは社員研修の効果を上手く発揮することはできません。始めから仕事が入らないように部内で調整して、研修に集中する環境を整えることも大事なのです。研修の内容によっては一日だけではなく、数日間集中できる環境が必要かもしれません。数日間いない人がいるというのはどんな会社で厳しいものですが、研修を受けて帰ってきたあとにはそれなりの結果が出ているはずです。研修に集中できれば成長するきっかけをつかむ人が多くいます。その成長は会社にとってもプラスに材料になるのです。そう考えると集中して研修を受ける時間を作ることも大事なことだとわかります。

集中できる環境を作る

社員研修の環境は会社内というところは多いかもしれません。しかし、いつも通っている社内で研修を受けても、集中できない可能性の方が高いでしょう。社内だと身近に仕事があるので、ついつい仕事のことを考えてしまいます。そうなってしまっては研修に集中するのは難しいです。研修にだけ集中できる環境を作るところから始めるといいでしょう。保養地や別荘などの会社がよく利用する隔絶された空間があれば、そこの場所を使います。距離的に仕事場から離れてしまえば、研修に集中するしかないのです。携帯電話やパソコンなどを持ち込まないようにすることは大事ですが、無理なら仕事の時間を決めて仕事をしてもらうようにします。研修と仕事を分けることは効果的な研修には大事なのです。

mg研修は、ある企業がエンジニアにマネジメントのノウハウを体得させるための社内用研修でした。現在では他社にも提供され、海外でも注目されてきています。