社員研修は、内定者や新入社員だけを対象としたものではありません。社員研修は、すべての社員を対象としたもので、階層や職種別の専門的な研修や管理職研修などを含めた教育制度の一つです。なかには、経営者層やその候補者や役員を対象とした研修もあります。

社員研修を受ける対象者にマッチした講師選定が重要!

社員研修の効果を高めるためには、対象者に合わせた講師を選定することが、最も重要な事項の一つです。研修を受ける側が、壁を作ってしまうような講師を選定してしまっては、いくら研修内容が優れたものであっても、高い成果を得ることは難しくなります。研修を受ける対象者と研修内容と照らし合わせて、最適な講師を選定し、研修中に双方がうまくコミュニケーションをとれることも重要なポイントとなります。講師を選定する際には、コミュニケーション能力の優れた方が望ましいですね。

時間と場所の制約を解決するeラーニング

社員研修の方法の一つに、ある場所に研修を受ける全員が集まって教育を受ける集合研修といったものがあります。集合研修の場合、ある場所に全国または海外から全員が時間をかけて集まらなければなりません。一方、集合教育は、ライブ形式で講師から教育を受けることができ、また、他の参加者などとの交流やコミュニケーションがとれるといったメリットもあります。しかし、社員研修とはいっても、なるべく日数や時間が長くならないようにしたいものです。その解決策の一つに、eラーニングがあります。集合研修の事前準備や共通事項をあらかじめeラーニングで習得し、そのうえで集合研修に臨む、といった方法により集合研修の時間を短くすることができます。また、集合研修後の成果を確認する方法として、eラーニングを活用することもできます。

ゲームを通じて経営について学ぶことができるのがマネジメントゲームです。実際の経営をゲームで体験し、実際の経営に役立てることができます。