自治体によって各種ゴミの収集頻度は異なりますが、資源物や燃えない日に関しては、月に1回しか収集してくれない自治体も存在します。そのため、引越しをする際はまだ引越し先が決まっていなくても1か月前あたりから片付け作業を開始し、要らないものを旧住所に捨てていく形がおすすめです。もしタイミングを逃した場合は、ゴミを捨てようと思ったもののタイミングよく捨てられず、資源物や燃えないゴミを段ボールに詰めて新居に運び、新居で捨てなくてはならない可能性もあります。

電子書籍への買い替えを前提に本を売るのも良い

漫画とは一つの作品で50巻を超える単行本が発行されるている名作も多く、そういった名作の単行本を集めていると相当な荷物になってしまいます。そして、引越しの度に本棚から出して運び、また新居に本棚に移し替えるというのはなかなか大変です。そんな中、片付け作業時間を短縮したい時におすすめなのが、電子書籍版単行本への買い替えを前提に、引っ越す前の家に住んでいるうちにあまり読まない作品の単行本をまとめて売ってしまうという形です。もし、仮に所持している作品すべてに電子書籍版があって紙の単行本をすべて売りに出して処分した場合は、本の量によっては相当な荷物の減少につながります。そして、引っ越し料金を大きく下げられる可能性もあります。そして、紙の単行本に比べて、電子書籍の世界では、電子版書籍版単行本の全巻セットが当たり前のように販売されていて、まとめて買うとかなり安く買える場合が多めです。そのため、滅多に読み返さない単行本を大量に抱えていることに疑問を感じている場合は、引越しの際の片付け時間短縮のためにも、電子書籍版に買い替えるという形もおすすめです。

大量のゴミやかさばるゴミがある際の不用品の回収は、トラックで来てもらうと1日で終える事が出来て便利です。