タイムカードアプリケーションは従来のアナログのタイムカードとは違ってクラウドサービスを利用した便利な勤怠管理システムです。給与などは勤怠管理によって記録されたデータから算出されるので、使用者側としても労働者側としても勤怠管理は重要です。特に使用者側は雇用している労働者の勤怠管理をする義務が法律で定められているので、正確な勤怠管理をする事が求められます。

出勤と退勤の時間を手書きで記録しなくてもICカードを使って記録できるので、正しい記録を確実に残す事ができます。また外出先からでも出勤と退勤の記録ができるアプリケーションなどもあるので、タイプカードアプリの導入は業務の効率化に繋がります。

タイムカードアプリを導入するメリット

タイムカードアプリを導入する事でICカードをかさずだけで記録がつけられるので、事業所内で従業員だけでなく外出先からの勤怠記録を管理するのに役立ちます。アナログのタイムカードだと記録のつけ間違いや集計時の計算間違いが発生するリスクがありますが、アプリケーションを利用すれば自動で計算してくれてミスが起きるリスクを軽減できます。また計算を自動で行ってくれるので、集計作業の手間自体が省けます。

クラウド型のタイムカードアプリは法改正にも即時対応してくれるので、独自の計算システムを作った場合と比べて法改正に対応する手間が軽減されます。

タイムカードアプリに記録された勤怠記録はデータとして蓄積していくので、どの部署でどのくらいの労働時間が発生しているかなどが簡単に把握できます。これによって会社全体の戦略を立てるのに役立つので、業務の最適化を目指すための参考にもなります。

タイムカードアプリを利用して社員の状況を把握することが出来ます。アプリなので紙による面倒な管理が不要です。