eラーニングの活用メリット

社員研修の方法としてeラーニングはいつでもどこでも受けられるのがメリットです。社員全員を一堂に集めてセミナーなどを実施する必要はありません。社員にシステムにアクセスしてもらって期日までにテキストを読んでもらい、その理解度を確認するチェックテストを受けてもらうというだけで効果的な研修を行うことができます。スマートフォンなどの携帯性のある端末からシステムにアクセスできるようにしておけば出張中の人や外勤ばかりの人にも時間をうまく使って研修を受けてもらえるでしょう。eラーニングを活用すると飛躍的に社員研修の効率化と費用削減を行うことができるため、今や社員研修のスタンダードになりつつあります。

内容は厳選することが大事

eラーニングを使って社員研修を行うときには内容を厳選する必要があります。一人きりで大量のテキストを読むのは大きなストレスになるため、業務の合間に行って欲しいと要請してもなかなか行えないという状況に陥ってしまうからです。罰則を用意することによって強制的に実施することもできますが、それよりは前向きにeラーニングを受けてもらえるようにする方が学習効果も高まります。要点を絞ったテキストを準備し、効果測定も選択式にして簡単に行えるように設計することが重要です。eラーニングがうまく社員研修として機能するかどうかは出来栄え次第なので、場合によっては第三者機関に依頼してeラーニングを作成してもらうことも念頭に置いておきましょう。

社員研修には時間と費用ばかり掛かって会社にとってメリットが少ないと考える方もいますが、計画的かつ継続的に実施することで、会社全体のレベルを高めることができます。