対等や吸収などさまざまなタイプのM&A

M&Aは一般に企業合併といわれます。複数の企業がそれぞれ対等な立場で新たな企業をつくる対等合併や、ある企業が他の企業を買収して自社の組織とする吸収合併があります。また、企業の一部分である事業部を切り離し、同じ事業を行う複数の事業部が集まって、一つの企業になる場合もあります。新聞やテレビなどで取り上げられるのは大企業のM&Aの事例が多く、M&Aは大企業が行うものというイメージがありますが、最近では中小企業を対象とするM&Aも少しずつ広がっています。

廃業を避けて技術や雇用を守る中小企業のM&A

近年、少子高齢化に伴う人手不足や従業員の高齢化などにより、後継者が見つからずに廃業する中小企業が増えています。ことに、日本のものづくりを支える町工場と呼ばれる中小製造業において、その影響は深刻です。日本の町工場は高い技術力を持ち、海外からも高く評価されています。しかし、後継者難によって廃業すれば、そこで磨かれてきた技術も途絶えてしまいます。そうした状況を打開するために期待されているのが、中小製造業におけるM&Aの活用です。M&Aを活用すれば、事業を継続されるので従業員の雇用が守られ、技術の継承も可能となります。また、高齢化した経営者の引退もスムーズになり、引退後の資金も確保できます。近年では、町工場などを域内に多く有する自治体がM&Aの仲介に乗り出したり、中小企業を対象とするM&A専門の仲介会社が誕生したりするなど中小企業のM&Aをとり巻く環境が整備され、M&Aの成立件数も増えています。

M&Aとはmerger and acquisitionの略で、企業の合併や買収を意味します。最近では技術や事業を獲得するために戦略的に行うことがあります。

インターネット上に公開するだけで誰もが閲覧できる

ホームページを作ったら、それをインターネット上のサーバーへ公開をすると、誰もがそのサイトを閲覧することが出来るようになります。インターネット上のスペースは非常にオープンな状態になっていて、何かアクセス制限などをしない限り、世界中どこからでも、そのサイトを見られるのが特徴です。ですので、例えば海外に住んでいる友人に、自身が作成したホームページを見てもらう事も出来ます。

やり方はとても簡単で、公開したサイトのURLを友人に伝え、それをWEBブラウザのURL欄に貼り付け、もしくは入力してもらうだけとなっています。

インターネット上に公開をすると、このように情報を世界中の人に発信する事が出来ます。趣味やビジネスとして公開してみるのも良いでしょう。

世界中の人にもっとサイトを見てもらう方法

ただ、日本語だけで書かれたサイトの場合、世界中のどこからでもアクセスする事は可能ですが、サイト自体に人が来てくれる事は少ないです。というのも、検索エンジンの仕組みでは「検索ワード」が重要で、検索をした文章が外国語なら、日本語のサイトは大抵検索結果からはじかれてしまいます。

ですので、不特定多数の世界中の人たちに自身のサイトを見てもらいたいという時には、少し工夫が必要となります。その工夫は、サイトのグローバル化です。グローバル化をすることで、世界中の人が自身のサイトに来てくれる可能性が高まります。

世界中の人に、何か見てもらいたい情報があるという方は、そんなサイトのグローバル化を図っていきましょう。

多言語サイトが増えていますが、これはグローバル化が進んでいる証拠です。官公庁のサイトでは中国語で閲覧できるようになっています。

eラーニングの活用メリット

社員研修の方法としてeラーニングはいつでもどこでも受けられるのがメリットです。社員全員を一堂に集めてセミナーなどを実施する必要はありません。社員にシステムにアクセスしてもらって期日までにテキストを読んでもらい、その理解度を確認するチェックテストを受けてもらうというだけで効果的な研修を行うことができます。スマートフォンなどの携帯性のある端末からシステムにアクセスできるようにしておけば出張中の人や外勤ばかりの人にも時間をうまく使って研修を受けてもらえるでしょう。eラーニングを活用すると飛躍的に社員研修の効率化と費用削減を行うことができるため、今や社員研修のスタンダードになりつつあります。

内容は厳選することが大事

eラーニングを使って社員研修を行うときには内容を厳選する必要があります。一人きりで大量のテキストを読むのは大きなストレスになるため、業務の合間に行って欲しいと要請してもなかなか行えないという状況に陥ってしまうからです。罰則を用意することによって強制的に実施することもできますが、それよりは前向きにeラーニングを受けてもらえるようにする方が学習効果も高まります。要点を絞ったテキストを準備し、効果測定も選択式にして簡単に行えるように設計することが重要です。eラーニングがうまく社員研修として機能するかどうかは出来栄え次第なので、場合によっては第三者機関に依頼してeラーニングを作成してもらうことも念頭に置いておきましょう。

社員研修には時間と費用ばかり掛かって会社にとってメリットが少ないと考える方もいますが、計画的かつ継続的に実施することで、会社全体のレベルを高めることができます。

ITの仕組みを利用して仕事の効率化を図る

営業の仕事をするとき、よく経験と勘が必要と言われます。ですから、ベテラン社員と新人社員ではできる仕事が違うとされます。ベテラン社員は経験が豊富ですし、過去に勘を働かせているので適切な仕事がしやすいでしょう。新人社員は経験がなく、勘もあてになりません。ただ、会社としては新人にもベテラン同様の仕事をしてほしいです。そこで効率的に仕事をしてもらうためにITの仕組みの導入を検討します。行動管理をIT機器で行えば、これまで経験と勘で行っていた仕事を新人でもできるようになります。上司の指示を仰ぐときも、スマートフォンにインストールした支援アプリを使えば、リアルタイムに受けられます。営業担当者の教育の手間を省けます。

社内の申請業務を紙からネットワークに変更

社内で申請を行うとき、決まった書面などを用意してそれを上司などに提出して申請するかもしれません。上司が一人ならまだいいですが、上司の上に上司がいれば承認が複数必要になります。その分時間がかかり、承認が得られるまで仕事をストップしなければいけませんでした。紙で行う申請業務をネットワークで行えば、瞬時に承認が行えるかもしれません。パソコンやスマートフォンからアクセスできるようにしておけば、社内にいても外出先からも承認ができます。上司が出張で長く社内に戻らないときも、申請書が放置されずにすぐに承認結果が得られます。申請書類の保存や過去の申請のチェックなども、データ化すれば検索などがしやすくなって効率化につながります。

ワークフローとは、業務上上位の職制の審査や承認が必要なドキュメントなどを、オンラインで処理するシステムのことで、上司が不在でもモバイル環境でも使用でき、代理承認などの機能も備えたものです。

利用価値の高いレンタルオフィスを探してみよう

レンタルオフィスは、事業の目的やサービスの内容などに合った物件を探すうえで、魅力的なものとして扱われることがあります。

とりわけ、短期間の契約を結ぶことのできるレンタルオフィスは、経営状態の変化に対応しやすいことから、各地の経営者を中心に需要が高まっています。

レンタルオフィスを選ぶにあたっては、オフィス街や住宅街などに展開されている様々な物件の見学をすることがおすすめです。

また、レンタルオフィスのレイアウトやインテリアなどにこだわりたい場合には、特色のある物件が多く扱われている管理会社の資料を参考にしたり、担当者に相談したりすることで、余裕を持って物件探しをすることがコツです。

店舗探しにぴったりのレンタルオフィス

小売業や飲食業などの店舗探しを効果的に行うにあたり、各地で話題のレンタルオフィスの使い勝手の良さに注目をすることがおすすめです。

中でも、様々な用途に活用可能なレンタルオフィスは、核管理会社の売れ筋の物件としてアピールが行われることがあり、賃料や利用期間、立地、アフターサービスなどにこだわりながら、契約先を決めることがポイントです。

また、比較的規模の小さい店舗を希望する場合には、特定の業界を対象とした物件を数多く扱っている管理会社に問い合わせることが効果的です。

その他、レンタルオフィスの立地は、集客力に大きく関係してくることがあるため、なるべく早いうちからお目当てのオフィスの周辺環境に気を配ることがとても大切です。

福岡の賃貸事務所の中でも特に注目されているのは、再開発エリアで建設中のオフィスビル内にある新築物件です。

体調管理を整える重要性

本来仕事の能力を高める為には、自分が投資しなくてはいけないケースも少なくないです。しかし社員研修に参加できれば、会社が費用を代わりに支払ってくれる事が多いので、投資をしなくても能力を高められる可能性が出てきます。仕事に関する能力を高められば、これまで以上に仕事で活躍できる可能性が高くなる為、周りから高評価を得やすくなります。その結果、獲得できる収入を増やしたりこれまで以上に責任あるポジションで仕事を行えるなど多くの利点が生み出されてくるので重要です。体調をしっかりと整えて、社員研修に参加できれば、高い集中力を発揮して、研修に参加可能です。重要な話を聞き逃さないで能力を高めていける為、前日にしっかりと休む事が大切になります。

筆記用具を揃える大切さ

筆記用具などを準備しておけないと万全の態勢で社員研修に参加できません。せっかくレベルアップできる時間が提供されているにも関わらず、自らの準備不足によって、チャンスを逃してしまう恐れが出てきます。そうなると社員研修に参加している他の人と差を付けられてしまって、自身の能力を高める事が難しくなる時もあるので要注意です。その他にも研修内容によって、どのような準備が必要なのか異なるので、予め必要な書類などを把握しておく事も大切なポイントです。しっかりと準備しておけば、完璧な状況の中で社員研修に参加できるようになる為、貴重な時間を過ごせるようになり、充実した時間を過ごせるようになります。

人手不足社会においては、正しい評価を行い、適切な人員配置を行うことが大切になります。それらを担う管理職を育てるために、管理職研修が効果的です

開業費用の少ないネットビジネス

ネットビジネスで開業する方法は初期費用を最小限に抑えられることから比較的簡単に起業することができるのがメリットです。パソコンが一つあって、インターネット環境が整っていれば事実上、ビジネス展開を行うことはできます。開業するときに大きな問題になるのがオフィスや店舗になる物件を賃貸しなければならないことであり、その設備工事や什器の導入などを行うと数百万円がかかってしまうのが一般的です。しかし、ネットビジネスの場合には自宅で仕事を行うことができるため、オフィス物件や店舗物件を借りる必要はありません。その結果としてほとんど開業費用が必要なくなるのです。個人事業主として登録するときには自宅の住所や電話番号を使えば問題はないため、簡単に始められるネットビジネスの内容だけ決めてしまえばすぐにでも開業することができるでしょう。

個人情報が気になるときの対策

自宅で仕事をすることにしてネットビジネスで開業するときに問題になりやすいのが住所や電話番号などの個人情報です。個人事業主として登録するのに使用するだけでなく、ビジネスを行うために必要となるホームページにも記載しなければなりません。個人情報が流出することになるのと等価とも言えるので、あまり好ましくないことは確かでしょう。この対策としてバーチャルオフィスを利用することができます。バーチャルオフィスの契約をすると、そのオフィスの住所を事業所の所在地として使うことができるのです。電話番号についても同様であり、個人情報を漏らすことなく自宅で開業することができます。

フランチャイズの大きなメリットの1つに、知名度の高い名前で商売が始められる事が挙げられます。開業当初からある程度の集客が見込めるので、事業を軌道に乗せやすく、独立開業の有効な手段と言えます。